セブン−イレブンのわさびめし

わさびめし

セブン-イレブンで5月11日に新発売された「一番だしおむすび わさびめし」(124円)。ネットでも高評価で気になったので実食してみた。

全体が辛いかと思いきや、上品な香りのおかか飯の中に入っているワサビがピリッと辛く、思わずクセになってしまいそうな一品なのである。

わさびめし

画像参照:セブン−イレブン

ネットで見てみて、1つ気になったのがパッケージ。静岡県で発売されているわさびめしは「静岡県産本わさび使用」と記されているのに対し、静岡県以外で発売されているわさびめしには、産地の記載がないのである。

西多摩地域で、ワサビの生産高が多い地域といえば、奥多摩町!

かつてワサビの"日本三大産地"と言われた町である。

「もしかしたら、奥多摩産のワサビを使用しているかも?!」と、早速セブン-イレブンのお客様相談室に問い合わせてみたのである。

セブン-イレブンからの回答

わさびめし

こいたま編集部「セブン-イレブンのわさびめしが大変おいしく、もしよろしければ産地をお伺いできないかと。静岡県限定販売のものは静岡産のワサビ使用と書かれていますが、他地域で販売されているわさびめしは書かれていないのですが。教えていただけないでしょうか?」

産地が気になって気になって、食べてすぐに連絡をしたところ、2日後に連絡が。

「現在、関東のセブン-イレブン店舗にて販売しております「一番だしおむすびわさびめし」に使用しているワサビは、国産となります」

ほほう、国産!!

「ワサビ等の原材料は商品に合わせて最良の産地のものを選択しておりますが「静岡産本わさび使用」のように原材料の産地を訴求している商品以外の商品に使用する原材料につきましては、都道府県を指定しての調達はしておりません」とのこと。

関東に流通しているわさびめしは、国産のものであることがわかったが、奥多摩産かまでは不明だった。

ただ、商品に合わせて最良の産地のものを選択とのことで、もしかしたら、奥多摩産のワサビも使用されているかもしれない。

そんなことがワクワクと想像できるわさびめしだった。

それにしても、あのわさびめしは絶品だ。

また買いに行こうと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで記事更新情報や日常をつぶやいています

おすすめの記事