丹波山村が歌に!アコースティックユニット「双鴨(そうかも)」が1stミニアルバム配信開始。熱い想いで村おこし

双鴨のカバー
  • URLをコピーしました!

人口約530人と、首都圏でもっとも人口が少ない町「丹波山村」。山林が97%を占め、村の中心を多摩川が青梅街道に沿って流れる自然豊かな山村です。

ところで!

村の名前を「たんばむら」と呼んでいる方もいるのではないでしょうか?

正式な呼び方は「たばやまむら」です。ここでぜひ覚えてください。

そんなのどかな大自然が広がる丹波山村の村民2人が結成したアコースティックユニット「双鴨(そうかも)」が、1stミニアルバム「田舎deほっこりするみゅーじっく!! 」を、本日2022年2月16日(水)に配信リリースしました。

楽曲はすべて、丹波山村を題材にしたソングだそう!

きっと、タンバリンを叩いているような、タンバリン村の歌に違いない(だから「たばやまむら」だってば)。

双鴨って、一体どんなユニットなの?どんな歌が配信されたの?

と気になるあなたに、さっそくその内容をお届けしたいと思います。

目次

丹波山村とは?

丹波山村について

東京都と山梨県の県境に位置する「丹波山村」。すぐとなりに東京都奥多摩町が隣接しており、山梨県小菅村と同じく、山梨県の中では東京都に一番近い村となっています。

秩父多摩甲斐国立公園に指定され、日本百名山の雲取山(くもとりやま)、大菩薩嶺(だいぼさつれい)などに登る登山客をはじめ多くの観光客が訪れる村です。

村の森林のほとんどが多摩川の水源を守る水源かん養林として保護され、シカやイノシシ、カモシカなどの野生生物が生息する豊かな自然が残されています。

都心から車で約2時間半、村内に駅がなく、最寄り駅は奥多摩町のJR奥多摩駅です。

奥多摩駅からバスで1時間足らずでアクセスできる距離ながら、スーパーはおろか、コンビニさえない素朴な村なのです。

まさに「都会から最も近い源流の秘境」といえるでしょう。

丹波山村の概要はこちら:「丹波山村」について

「双鴨」の2人について

双鴨のカバー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

西多摩エリアの暮らしに役立つ地域情報サイト。まちを盛り上げたい地元民が、観光スポット・お店・地域のお役立ち情報など、その地域に暮らす人に役立つ情報を配信します。

目次
閉じる