かわなべ鶏卵農場の深美卵で作っただしまき玉子
スポンサーリンク

JR青梅線・古里駅で行列ができるほど大人気のだしまき玉子専門店「卵道(ランウェイ)」。先日、奥多摩駅前に2号店がオープンしたばかり。

卵道2号店が奥多摩駅前にオープン!一人でも気軽に立ち寄れるだしまき玉子専門店

「ふわっふわでジュワ〜ッと出汁が出てくるだしまき玉子、自宅で作れないかな?」

と、卵道で使用している「かわなべ鶏卵農場」(青梅市)の深美卵を購入し、自宅で作ってみたら、絶品のだしまき卵ができあがったのである。

早速、レシピを紹介したいと思う。

材料

今回使用した材料は以下のとおり。

  • 「かわなべ鶏卵農場」の深美卵:4個
  • 出汁(白だし大1に水を薄めたもの):100cc
  • みりん:小さじ2
  • 薄口しょうゆ:小さじ1
  • 大根おろし:お好みで
  • だししょうゆ:お好みで

かわなべ鶏卵農場の卵

かわなべ鶏卵農場の深美卵

青梅の良い水と環境で育った「深美卵」は先日、奥多摩町の「森の中のお肉レストラン アースガーデン」に行ったときに、たまたま発見して調達したもの。なければ普通の卵でOK。

かわなべ鶏卵農場の深美卵

出汁や味付けは好みに応じて調整を。卵は冷蔵庫から取り出し、1時間ほど置いて常温に戻す。

作り方

かわなべ鶏卵農場の深美卵

ボールに卵を割りほぐす。黄身がツルンとしているツヤツヤの深美卵の黄身が登場!

かわなべ鶏卵農場の深美卵を混ぜるところ

白身を切るように混ぜる。出汁、みりん、薄口しょうゆを加えさらに混ぜる。

かわなべ鶏卵農場の深美卵を混ぜるところ

卵焼き器を強火で熱し、油を含ませたキッチンペーパーで全体に油をなじませる。

かわなべ鶏卵農場の深美卵を混ぜているところ

混ぜた卵液を玉じゃくし七分目ほど入れて広げ、半熟になったら向こう側から手前に向かって巻き、巻いた卵を向こう側に送る。

かわなべ鶏卵農場の深美卵を焼いているところ

卵焼き器に油をなじませ、再び卵液を流し入れる。巻いた卵を持ち上げて下に卵液を流し、卵のフチが固まってきたら手前に巻き込む。同様に3回ほどくり返し焼く。

かわなべ鶏卵農場の深美卵で作っただしまき玉子

焼き上がったらまな板に取り出す。粗熱が取れたら食べやすい大きさに切る。

かわなべ鶏卵農場の深美卵で作っただしまき玉子

器に盛り、好みで大根おろしを添える。

スポンサーリンク

実食!

かわなべ鶏卵農場の深美卵で作っただしまき玉子

見た目はやや不格好であるし、ゴーイングマイウェイに作ったものの、卵の色味はまさにランウェイそのもの〜!

卵道のようにふわっふわの感じではないし、出汁は多摩源流水ではなく多摩地域の普通の水であるが、卵からジュワ〜ッと出汁が出てくるがわかる。

かわなべ鶏卵農場の深美卵で作っただしまき玉子

市販のだししょうゆをかけて実食。ふわ〜っとだしのいい香りと甘い卵の香りが口中に広がる。

かわなべ鶏卵農場の深美卵で作っただしまき玉子

濃い!いつも以上に卵の味が濃い!

おいしすぎて、温かいごはんと味噌汁とともにあっという間に完食。もっと火力が強いガス火でささっと手早く巻けば、さらに卵道流に近づくかも。

再び挑戦してみよう。

奥多摩に行きたいけれどなかなか行けない方は、ぜひお試しあれ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事