青梅市「釡の淵公園」でのキャンプは予約不要で利用無料!多摩川河川敷で冬の焚き火に初挑戦してきた

釜の淵公園で焚き火キャンプ

JR青梅駅から徒歩で約15分。青梅市大柳町にある「釜の淵公園」は市が管理する公園で、多摩川河川敷に隣接しています。 春は桜、夏は新緑が美しく、夏を中心に釣りや川遊びの人々で大いに賑わう観光スポットです。

ときは寒さが厳しい年末。外気温が10℃にも満たない極寒の日中に、河川敷で初のキャンプを行うことにしました。

西多摩に暮らしているのに、実は一度もキャンプをしたことがない「こいたま編集部」の1人。奥多摩でよくキャンプをするという方(「キャンプの達人」と呼ぼう)にアドバイスをいただきながら、初の焚き火キャンプに挑戦しました。

果たしてキャンプはうまくいったのでしょうか?

目次

キャンプに行く前に燃えにくい上着を購入

ワークマンで洋服購入

キャンプの達人から「ナイロン製の洋服だと穴が空きますよ!」と教えていただき、キャンプに行く前に羽村市の「ワークマンプラス」に寄り、火の粉に強いというジャケットを購入しました。

ワークマンで洋服購入

ワークマンの難燃ウェアのほとんどは綿を90%以上使用しており、火の粉が服にかかっても安心な素材です。着るとややゴワゴワですが、動きやすくオシャレなデザインのため、女性にもおすすめです。

ワークマンで洋服購入

冬の寒さにも耐えられるように、中に取り外しが可能なナイロン生地のベストが入っているタイプにしました。

釜の淵公園には無料の駐車場が併設

こちらが公園入口です。なかなかわかりづらい場所にあるため、来る時は「かんぽの宿 青梅」を目指すとわかりやすいかも。坂道を5分ほど下ると、多摩川河川敷への入り口があります。

釜の淵公園の駐車場

公園入口に、10台ほど停められる無料の駐車場が併設されています。スペースが限られているため、バーベキューシーズンの週末は早めに出かけることをおすすめします。

隣接する駐車場が満車の場合、公園からは少し離れていますが、多摩川を挟んだ反対側に77台停められる有料(1時間100円)の「釜の淵公園大柳駐車場」があります。※利用時間:午前8時~午後8時(10月から2月は18時まで)

この駐車場もいっぱいだった場合、JR青梅駅や釜の淵公園近くで安い駐車場を事前に検索して予約できるサイトで検索すると出てきます。会員登録は無料ですので、お出かけ前に登録しておくと便利ですよ。

釜の淵公園で焚き火キャンプ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京都青梅市と奥多摩町を中心とした西多摩地域の情報サイト「こいたま」。西多摩地域に在住・在勤の編集部が多摩地域西側エリアの住環境やまち情報を中心に、地域のお役立ち情報を配信します。

目次
閉じる