瑞穂ビューパーク・スカイホール「ジュンサイの池公園」の主
スポンサーリンク

瑞穂ビューパーク・スカイホール内にある「ジュンサイ池公園」(瑞穂町箱根ヶ崎)。公園の外周の園路は約200m、公園内にはジュンサイ池やジョギングコースがあり、町民の憩いの場となっている。

秋にはメタセコイヤをはじめとする木々の紅葉が楽しめる公園だ。

「そろそろ紅葉が楽しめる時期かも」と、11月上旬頃に1度行ってみることにした。

池の中になにかが動いている

瑞穂ビューパーク・ジュンサイの池公園

11月上旬ごろのジュンサイ池。紅葉の見頃とはまだ言えず、ほんのりと色づき始めた頃だ。風がなく空気が澄んだ青空のもとでは、色とりどりの紅葉が池に映り込む光景が楽しめる。

瑞穂ビューパーク・ジュンサイの池公園

池の中をよく見てみると、右側のほうで何かがうごめいている。

そのときに撮影した動画がこちら。

直径約50cmはあるか?

半分身を出し、ときどき止まりながら池の中を泳いでいる。

コイか?

ナマズか?

魚であることに間違いないが、どことなく動きに貫禄があるこの魚は「池の主」なのか?

真相を追求してみることにした。

スカイパークの事務局に聞いてみた

「池に主のような魚がいたのですが、この魚は一体何でしょう・・?」

スカイパークの事務局の方に、スマホで撮った動画を見せたところ、

「あ、これはコイですね」

コイだったとは!

この主のように大きなコイ以外にも、たくさんのコイが生息しているという。

瑞穂ビューパーク・スカイホール「ジュンサイの池公園」の主

コイタマ編集部は後日、ジュンサイ池公園を再び訪れ、奥側の池を見てみたところ、たくさんのコイが泳いでいた。

「前日見た、大きなコイはどこに行ったのだろう?」

この日、どんなに待ってみても、あの大きなコイは姿を現さなかった。

やはり、あのコイは池の主なのかもしれない。

スポンサーリンク

ジュンサイ池公園には他の生き物も多数生息

ジュンサイ池公園のアオサギ

ジュンサイ池公園に生息している生き物は、コイだけではない。

日本で見られるサギ類の中で最大の鳥「青サギ」がゆったりと歩きながら、魚を食べている光景が見られた。

瑞穂ジュンサイ公園のカワセミ

美しい色をしたカワセミも発見!何度も池の中に入り、魚を捕獲している姿が見られた。

ジュンサイの池公園の紅葉

ジュンサイ池公園を泳ぐカモ

他にも、睡蓮(すいれん)の合間を2羽のカモが泳いでいた。

「他にもまだ生息しているカモ」

ジュンサイ池公園の楽しみ方がまた一つ増えた。

「ジュンサイ池公園」の詳細情報

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事