奥多摩の新名物のマネキン

JR青梅線 古里駅前から青梅街道沿いを3分ほど奥多摩方面に車を走らせると、びっくりするような光景に出会う。通り沿いにある畑の中に、ピクリとも動かいない大量の人が佇んでいるのだ。

奥多摩の地でこんなに大量の人たちは、一体何をやっているのだろう?と、よく見てみると、

奥多摩の新名物のマネキン

マネキンではないですか!

それも、とても丹精な顔立ちの人ばかり。洋服売り場に置いてあるようなタイプではなく、メイクをバッチリしているマネキンばかりなのである。

その種類は様々で、ヘルメットをかぶった作業中のような人や女性や子ども、ネズミのようなぬいぐるみや犬の置物まで。実に様々な種類のマネキンが並べられているのである。

異様な光景だが、道を歩く人々は物珍しそうに撮影する人も。まるで奥多摩の新名物スポットになっているかのようだ。

おそらくサルやシカなどの獣害対策で、カカシのような役割を担っていると思われるが、実はこのマネキンたち、通るたびに数が増えていくのである。

こいたま編集部が6月頃に確認したときは10体ほどだった。しかし、9月現在、16体にまで増えており、マネキン大家族がパワーアップしているのである。

奥多摩の新名物のマネキン

今では鳥のハクセイまでが置いてあるではないか。

次は鳥家族が増えていく?

ん?こんなにキレイなハクセイなら、鳥貴族?

奥多摩の新名物のマネキン

奥多摩は人口がどんどん減っていっているのが現実。人が増えていくのはいいことなのかもしれない?

いや、ご近所の方たちはどう思っているのだろう?

「これからどんな家族が増えていくのだろう?」と毎回通るたびに考えてしまう、そんな奥多摩の新おもしろスポットなのであった。

※運転中はくれぐれも脇見運転にご注意ください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで記事更新情報や日常をつぶやいています

おすすめの記事