まるにや肉店のメンチカツ
スポンサーリンク

肉屋さん

「奥多摩に『揚げたて』を食べることができるお店がある」

そんな噂を聞きつけた食いしん坊のこいたま編集部は、さっそくお店を訪れることにした。

奥多摩駅下車、青梅駅方面に歩いて3分。外壁に、ニワトリとウシとブタのかわいい絵があるピンクの建物を発見。そのお店の看板には、「まるにや」の文字が並ぶ。

そうそう、「まるにや」肉店、ここが噂のお店だ。

まるにや肉店

「いらっしゃい!」

扉をあけると店主から威勢のよい声がかかった。ディスプレイには切り身のお肉が段々に並ぶ。メニュー表には、BBQ用お肉の案内も。

「奥多摩はキャンプ客が多いからね、手ぶらで来ても現地で肉を調達できたら便利でしょ」

確かに。カルビ、黒毛和牛、ホルモン。豚バラ、ロースにロングソーセージ。BBQの鉄板メニューがずらり。しかも150円/100gから、とリーズナブルな価格設定だ。

ということは、お客さんの大半はキャンプを楽しむ観光客なのだろうか?

もちろん町民の台所、「まるにや」肉店。

まるにや肉店の取材記事

「いや、これからなのよ、混むのは。夕ごはんを買う人が多くてね」

観光地と言えども、メインのお客さんは地元の奥多摩町民。夕飯の支度をする前に、「まるにや」さんで食材を調達するのだという。

過去には地元新聞や、NHKにも取り上げられた「まるにや」肉店。愛されているのにはもちろんワケがある。

ワケは大きく2つ。ひとつは、美味しいモノを提供するため「仕入れ」にとことんこだわっていること。定番の豚肉は、武蔵村山の(有)下田畜産さんから仕入れたものだ。

店主いわく「うっ、まい!」そうな。

スーパーのない奥多摩では、日常の買い物でも隣町の青梅まで行くことが多い。小河内ダムのあたりかただと青梅までは往復で2時間以上。新鮮で美味しい肉を購入できる「地元の店」は奥多摩町民にとって貴重な存在なのだ。

美味しいコロッケのひみつ。

まるにや肉店店主が揚げている写真

地元の人に愛される、もうひとつのワケ。それは、「揚げたて」を注文できること。コロッケ90円、メンチカツ100円、ハムカツ100円、ヒレカツ100円。カウンター越しにその場で注文してもいいし、電話での注文も受けているようだ。

「子どもたちもよく買いに来るよ」

まるにや肉店の近くには、小学校と中学校がある。下校帰りのお腹をすかせた子どもたちにとっては、夕飯までの小腹を満たす格好のオヤツだ。

「昔は1日で500個も作ってたよ。今は人口も少なくなっちゃったからなぁ」

話しながらも店主は鮮やかな手さばきで次々と揚げていく。数が減ったとはいえ、今でも日に200個は揚げているのだとか。それでも相当な数だ。

「昔は作り置きしていたんだけどね。やっぱり揚げたてが美味しいじゃん」

美味しいものを提供したい。店主のアツい思いが会話の端々から感じ取れて、聞いているだけでも幸せな気持ちになってくる。

味へのこだわりは、他にもある。例えば、コロッケに使う野菜。

「ジャガイモは男爵だな、しかも北海道産が一番美味い。玉ねぎも北海道産。もちろんラード(豚の脂肪)を使って揚げてるからね」

まるにや肉店で使われているパン粉

揚げ物にあわせてパン粉も2種類を使い分けている。コロッケには粒子の細かい赤パン粉、メンチカツには多少粗めの白パン粉。

(赤パン粉を使うとサクサクに仕上がるのかな…)

そんなことを想像しているうちに、注文したコロッケとメンチカツが出来上がった。

まるにや肉店のコロッケ

「アツいうちに食べてみて!」

うわぁ、めっちゃ美味しそうだっ!!!

スポンサーリンク

とにかくジューシー!サックサクー!

まるにや肉店のメンチカツ

今回はコロッケ、メンチカツ、ヒレカツを注文。いやぁ、どれも美味しかった!コロッケはホックホクだし、メンチカツはジューシー。衣はどれもサックサク。

でも、美味しさ詳細は、ここでは「あえて」書かないことにします。だって皆さんにも実際に食べて、感じて、味わってほしいですからね~。

ご主人と奥さんの二人三脚で作られる丁寧な味。皆様もお味見あれー!

「まるにや肉店」の詳しい情報はこちら

  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町氷川173
  • 電話:0428-83-2469
  • アクセス:奥多摩駅から徒歩3分(奥多摩ビジターセンターの前)
  • 営業時間:09:30〜17:30(天候等、状況により変化あり)
  • 定休日:水・日

(遠方から向かわれる方は、出発前に営業のご確認をオススメします)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事