お盆シーズンの奥多摩駅前駐車場の状況

東京都における新型コロナウイルス感染症による新規陽性者数が5,000人を超えるなど、感染拡大が急速に広がっている。

政府は7月30日(金)、都を対象に発令している緊急事態宣言の期限を8月22日(日)から31日(火)までに変更し、あわせて都から緊急事態措置として、不要不急の外出自粛及び施設の使用制限などの要請が8月31日まで継続された。

奥多摩町では8月5日現在、新型コロナの累計患者数が28人と他市町村より少ないものの、高齢化率が約5割という町でワクチン接種がまだまだ続いている状況である。

町の人たちが安心して接種できるよう、町ではお盆の時期に来町する人たちに向けて、不要不急の外出自粛要請を発令。8月7日(土)から22日(日)まで、一部の駐車場や河川敷入口は閉鎖される予定だ。

お盆の時期に来町を予定されている方たちへ。閉鎖される駐車場と河川敷入口の状況をお伝えしようと思う。

奥多摩駅前の閉鎖中の駐車場

奥多摩駅前の駐車場の状況

奥多摩駅前で閉鎖される駐車場は、奥多摩町役場とその横にある「タイムズ奥多摩町役場」。役場横は平日、役場利用者のみ利用可能になるが、それ以外は「駐車禁止」と書かれたポールが立てられ利用できなくなる。

ポールの横や間に停めている車をよく見かけるが、マナー違反だし通行の邪魔になるので絶対に止めよう。

奥多摩駅前の駐車場の状況

「タイムズ奥多摩町役場」は通常の土日だと長蛇の列を作っている車で溢れているが、現状ではポールとテープが貼られ、駐車できないようになっている。

奥多摩駅前の駐車場の状況

料金所の前には、閉鎖を知らせる看板が立てられていた。

河川敷入口は閉鎖

奥多摩駅前のゴミの不法投棄

町役場下の日原川は、土日になるとバーベキュー客や釣り客が多数訪れる人気スポットだ。

しかし、現在は新型コロナウイルス感染拡大が広がる中で、ゴミを分別せずに置いていくマナー違反の人も増えているのが現状だ。トイレや住民用のゴミ置き場に不法投棄していく人も。

奥多摩駅前の駐車場の状況

奥多摩駅前の駐車場の状況

現在は役場の左右から河川敷に降りられる遊歩道への階段入口がテープでふさがれている。

奥多摩駅前の河川敷

ちょうど台風が接近していて河川が混濁していたが、レジャーを楽しんでいる人たちは、ほとんど見かけなかった。が、例年見ていると、お盆シーズンピークの晴天時は状況が変わってくるかもしれない。

町の人たちの安心と安全を守ろう

奥多摩駅

奥多摩町の師岡伸公町長から8月4日、町公式ホームページにて以下のようなメッセージが発信されている。

一人ひとりの行動が、多くの方の命を救う行動にもつながります。

そして、この感染症が一日も早く収束し、以前の行楽シーズンのように、再び多くの観光客の皆様を、自然豊かな「奥多摩町」にお迎えできるよう、皆様のご理解並びにご協力をお願いします。

山や川の事故、交通事故が起きると町の医療体制のひっ迫につながるとして、観光などの目的で町外から来ないよう呼びかけている。

本当は来てほしいし、自然豊かな町で楽しんで行って欲しい。でも、今は町の人たちの安心・安全のために協力してほしい。そんな切実な思いが伝わってくる。

自然豊かな環境があり、安心して楽しめるスポットがあるからこそ、レジャーも心から楽しめるものだ。

なかなか終息する気配がない状況だが、一日でも早く終息してほしいと願う気持ちは、みな同じだ。お盆シーズンに奥多摩町に行く予定のある方は、現在の状況を鑑みて計画を練ってほしい。

駐車場は「akippa(あきっぱ)!」で事前に予約を!
奥多摩・鳩ノ巣駅周辺で駐車場が予約できる!駐車場所とakippaの予約方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで記事更新情報や日常をつぶやいています

おすすめの記事