鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」からの紅葉
スポンサーリンク

JR青梅線鳩ノ巣駅から徒歩で約3分、約40メートルの断崖の下、巨石・奇岩の間を多摩川が流れる「鳩ノ巣渓谷」は、ワイルドな渓谷美を誇る奥多摩の名所の一つ。新緑や紅葉の頃はひときわ美しく、多くの観光客でにぎわう。

鳩ノ巣駅に到着後、どの場所から絶景を楽しめるか気になるところ。同駅から「はとのす荘」方面にある吊り橋「鳩ノ巣小橋(はとのすこはし)」からは、2つの滝も同時に楽しめるおすすめスポットだ。

そしてもう一つ、鳩ノ巣小橋より東側にある「雲仙橋(うんせんばし)」からの眺めも絶景だ。

雲仙橋上の車通行はギリギリ

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」

こちらは9月頃に撮影したもの。青々とした山の中に突如現れたインディージョーンズのような橋。この橋こそが「雲仙橋」だ。

雲仙橋は吊り橋を改良した「トラス構造」。橋の左右には吊り橋のメインケーブルを張る塔がそびえ立ち、当時の面影が残るノスタルジックな橋だ。

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」からの深緑

道幅は細いが、車1台は通れる広さ。橋の規模から車の通行は2トンまで。幅が2.2mのため、実質バイクや軽自動車以外の通行はおすすめできない。

幅約1.8mの3ナンバー車が通った場合、左右に20センチ程度しか開かない。軽自動車でも幅が狭いため、歩行者とすれ違うのもギリギリ。車とすれ違う歩行者は、橋のギリギリに寄って立ち止まっていた。

しかも歩行者はスマホやカメラを手に持ち、橋の上から撮影している方もいて、車の存在に気づかない人もいる。クラクションなど鳴らしたら大変な事態になりかねない。

車での通行は差し控えた方が懸命である。

真夏の深緑が広がる鳩ノ巣渓谷

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」からの深緑

夏の雲が広がる残暑が厳しい9月上旬頃の「雲仙橋」上からの風景。鳩ノ巣渓谷は、青々としたワイルドな山々が広がる。

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」からの深緑

ゴツゴツした巨石の中を涼やかに流れる多摩川の渓流美。淡いグリーンから深いグリーンまで様々な表情を楽しめる。

一気に暑さが吹き飛ぶ瞬間だ。

スポンサーリンク

色とりどりの紅葉が広がる鳩ノ巣渓谷

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」

真夏の暑さから一点、早朝は寒くて一気に秋めく11月中旬頃、鳩ノ巣渓谷も深い緑から赤、黄、オレンジへと、様々な色合いに模様替えする。

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」からの紅葉

雲仙橋の東側の風景。こんもりとした色づく山々がふんわりと色づいている。

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」からの紅葉

美しすぎる!

雲仙橋の西側の風景。多摩川の渓流美とともに、壮大に広がる山々の美しいグラデーションが楽しめる。

紅葉になる3つの条件は、昼間の日差し、夜の冷気、そして水分。すべてが揃っている鳩ノ巣渓谷だからこそ、人工では作り出せない自然の造形美が楽しめるのだ。

↓動画がこちら

人間と紅葉は似ていると感じる

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」からの紅葉

人の心もときには冷めることもあり、涙に明け暮れることもあるが、周りからの優しさで心温まり、さらに光り輝いていく。

紅葉も冷気と水分と太陽により、さらに美しくなる。

人間と紅葉って、どこか似ているところがあるから不思議だ。

深緑と紅葉、違った表情が楽しめる鳩ノ巣渓谷。ゴールデンウィーク頃の新緑や白い雪山になる真冬の時期も、また違った表情が楽しめるに違いない。

ときどき、足を運んでみようと思う。

鳩ノ巣渓谷の詳細情報

  • 住所:奥多摩町棚沢
  • アクセス:JR鳩ノ巣駅から徒歩で約10分
  • 駐車場:町営鳩ノ巣駐車場(約50台、無料、トイレあり)
  • 奥多摩観光協会ホームページ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事