パン屋

JR青梅線青梅駅前のロータリーに5月21日(金)、焼き立てパンの店「しあわせの葉っぱベーカリー」(青梅市本町130-19)がオープンする。

コロナ禍で新規オープンする飲食店が減っている中、パン好きにはうれしい待望のパン屋さんの誕生となりそうだ。

場所

しあわせの葉っぱベーカリー

場所はJR青梅線・青梅駅のロータリー内より少し先のビル1F。うさぎがニンジンを持った看板がある茶色いビルが目印だ。駅を背に向けると左側にある店舗で「仲通り」横に位置する。

以前、ここにはパン屋「オーロール」が入っていたが閉店。パン屋さん跡地に再びパン屋さんが戻ってくることになる。

どんなパン屋さん?

しあわせの葉っぱベーカリー

お店は、店舗内にパンを作るための厨房を持ち製造・販売する、いわゆる「リテールベーカリー」だ。店内にある窯で焼いた焼きたてのパンが食べられることになる。

オープン前日は、レジ打ちの練習をしているスタッフや厨房内では白い帽子をかぶったスタッフが、慌ただしく動き回っている光景が見えた。

お店のコンセプトとしては、

豊かな自然に囲まれた美しい川の流れる青梅。この生まれ育った故郷で地域の皆さまに愛されるパン屋さんの開業を目指し、各地で修行を重ね、この度晴れてオープンを迎える事となりました。

私たちは【パンで生まれる幸せの芽】を経営理念とし、焼きたて・揚げたて・作りたての新鮮なパンを通じて日々の生活に感動や喜び、ワクワク感など心を動かす【小さな幸せ】を提供したいと考えています。大好きな青梅が幸せの芽でいっぱいになるよう、笑顔で心を込めて楽しみながらパン作り・商品開発に取り組んで参ります。

「しあわせの葉っぱベーカリー」HPより引用)

地元の方で各地で修行された方が開業することがわかる。地元を愛する方による地元のためのパン屋さんだ。

しあわせの葉っぱベーカリー

店舗前に貼ってある張り紙には「『パン屋さん待ってました』の声をたくさん頂いております」とのメッセージが。パン好きの地域住民たちが待ちに待ち望んでいたことがわかる。

食パンに緑の芽が生えているお店のロゴもとてもかわいらしい!

焼き立て、揚げたて、作りたてのパンが食べられるとは、これは楽しみすぎる!

どんなパンが販売される?

同店のインスタグラムによると、試作品は以下のとおり。

  • サクサクのクロワッサン
  • 国産小麦使用のフランスパン
  • チョコクリームたっぷりのコロネ
  • しっとりふわふわの大納言ラウンド
  • 御養卵を使用した自家製カスタードのクリームパン
  • 外はカリッと中はもちもちの塩パン

名前を聞いただけで、ほっぺたが落ちそうなほどのおいしそうなラインナップ!

個人的には、サクサクのクロワッサンと味の濃い御養卵を使ったカスタードのクリームパンが気になる..。

これはオープンしたら、すぐに買いに行くしかない!

つばめ

駅前から訪れたツバメが、まるでオープンを楽しみにしているかのように「ピチュピチュ♪」とさえずっていた。

「お客様がパンを食べて幸せになっていただけたらうれしいです」と店のメッセージどおり、青梅という地に幸せをたっぷりお届けしてくれるに違いない。

21日からは、青梅駅前で焼き立ての香ばしい香りが漂うことになりそうだ。

青梅駅前のパン屋「しあわせの葉っぱベーカリー」のおすすめ人気ランキングTOP6

「しあわせの葉っぱベーカリー」の詳しい情報

  • 住所:東京都青梅市本町130-19 1F
  • 電話:050-8881-5232
  • アクセス:JR青梅駅より徒歩1分
  • 営業時間:午前9時〜午後6時
  • 定休日:日曜・祝日・第1月曜・第3月曜
  • 店舗ホームページ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで記事更新情報や日常をつぶやいています

おすすめの記事