おくたまスモークと奥多摩の酒

奥多摩を拠点に、東京産のヒノキや桜などを使ったカッティングボードの製作・販売をしている「waen」(奥多摩町在住の菅原和利さん、円香さん夫妻が運営)がこのほど、奥多摩産のニジマスで作った燻製「おくたまスモーク」の販売を開始した。

奥多摩産ニジマスで作った燻製「おくたまスモーク」は噛めば噛むほどうま味たっぷり!

大きさも小ぶりサイズから大きいサイズまで数種類。早速お土産に大小4匹購入し、自宅にあるカッティングボードに乗せ、地酒とともに実食してみた。

おくたまスモークはレンジで数秒チン!

おくたまスモーク

おくたまスモークは真空パックされており、袋を開けたらすぐに食べられるのがポイント。登山やキャンプのお供にもぴったりの一品だ。

おくたまスモークをレンジで温める

そのままでもおいしさ抜群だが、パッケージの説明によると、電子レンジで30秒ほど温めるとよりおいしくなるとのこと。よりおいしくなるなら温めるしかない!

おすすめは500wで30秒。身が弾けることなく程よく温まる。

パッケージを少し切り、数秒温めただけで香りが外まで広がり、身が少し柔らかくなったのを実感。奥多摩のキャンプ場にいるかのようなスモーキーな香りが、家中にふわっと広がっていったのだった。

おくたまスモークを実食

こちらが「waen」のカッティングボードに乗せた「おくたまスモーク」。あきる野市にある酒造「中村八郎右衛門」の特別純米酒「奥多摩」と共にいただくことに。

軽快さと上品な味わいをもつやや辛口の奥多摩の純米酒は、蛋白なニジマスの味を邪魔せず、奥深い味をさらに引き立ててくれる頼もしい存在だ。

おくたまスモークの身

まず香りが!香りがすっごいいい!

桜の丸太でじっくりといぶされたニジマスから、香ばしい香りが強烈に漂ってくる。いい香りなのでずっと嗅いでいたいぐらい。

皮がパリパリで身が引き締まったピンク色。塩焼きとはまるで違う食感だ。

おくたまスモークの身

キャンプ場でいぶした燻製ベーコンを食べているかのよう。噛めば噛むほど味わい深くなる。(大きいサイズは骨が多少あるので注意)

ニジマスといえば塩焼きだったが、あの淡白で柔らかいイメージを見事に覆えされた。これからは燻製の時代?!

奥多摩(氷川)

しっとりと奥多摩の情景を思い浮かべながら、これは奥多摩に行ったらまた買いに行かねばと思ったのであった。

現在、町で買える施設はこちら(今後増える可能性あり)

  • セブンイレブン奥多摩古里店
  • ポートおくたま
  • もえぎの湯
  • はとのす荘
  • 氷川キャンプ場
  • 川井キャンプ場
  • 氷川国際ます釣場
  • maunga御岳本店
  • maunga吉祥寺店
  • よりみち茶屋とおまわり

奥多摩まで行けない方へ。ネットショップはこちら↓

https://www.waen.tokyo/items/42630383

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで記事更新情報や日常をつぶやいています

おすすめの記事