白丸調製ダム

JR青梅線鳩ノ巣駅から徒歩で約10分、東京都西多摩に位置する「白丸調整池ダム」は1962年に竣工した発電専用ダム。白丸発電所、多摩川第三発電所に送水され、合計約1万7千kwもの電力を発電する。

上流にある小河内ダム(奥多摩湖)は、水道水の確保を主目的とした「東京都水道局」のダムであるのに対し、白丸調整池ダムは「東京都交通局」による発電用ダムである。

高さ約30m、堤頂の長さ61mとやや小ぶりな重力式コンクリートダムだが、都内最大規模の魚道が整備されていることで有名だ。魚道とは魚の通り道を確保する構造物のことで、白丸調整池ダムではヤマメやアユ、ニジマスなどが魚道を通って遡上する。

ダム湖(人造湖)の名前は白丸湖。縦に長く横幅は狭く、白丸調整池ダムで多摩川をせき止めて出来た貯水池である。

2020年11月13日、ちょうど紅葉が見頃を迎える時期に、こいたま編集部は白丸調整池ダムを見に行くことにした。

白丸調整池ダム紅葉2020

白丸ダム魚道入り口

白丸調整池ダムの魚道入り口。11月末まで営業している。無料の駐車場があり、紅葉の見学とともに立ち寄るのがおすすめだ。

白丸ダムの地図

白丸調整池ダム周辺の概要がこちら。魚道入り口から徒歩1〜2分の場所に白丸調整池ダムがある。

白丸調製ダム

白丸調整池ダムの筐体へは階段を降りて向かう。エメラルドグリーン色のダム湖が透き通るように美しい。

白丸調製ダムの見学スポット

階段を降りていくと、筐体の真ん中から多摩川を見下ろすことができるスポットがある。

白丸調製ダム

赤、朱、黄色に色づく多摩川沿いの山々。壮大なスケール、まさに圧巻の景色だ。

白丸調製ダムの紅葉

ダムの上にも見下ろせるスポットがあり。登ってみよう。

台風や大雨などにより水位が急激に上昇した場合、ダムのゲートから放流を行う場合がある。その光景は大迫力そのものだ。

奥多摩・白丸ダム放水の様子。大迫力の音と水しぶき

多摩川沿いのゴツゴツした岩肌、それに覆いかぶさる紅葉の木々。まるでジオラマでも見ているかのような光景が楽しめる。

↓動画がこちら

白丸調製ダムの紅葉

東京にいることを忘れてしまう瞬間だ。

渓流釣りが楽しめ、魚道の見学も可能、エメラルドグリーンの湖と紅葉のコラボが見られるのは、この白丸調整池ダムだけ。紅葉の見頃は11月中旬〜下旬まで。

白丸調整池ダムの詳しい情報

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで記事更新情報や日常をつぶやいています

おすすめの記事