奥多摩町の麦山の浮き橋

2021年1月23日の土曜日。気象庁により大雪の緊急情報が入り、翌日の24日にかけて都内でも雪が積もるという情報が入った。奥多摩の山間部エリアでは、積雪量が約20〜30センチという予報である。

東北や北陸地方などの積雪量とは比べものにはならないが、西多摩エリアで30センチという積雪量は、交通機関の運休や道路が通行止めになるかもしれないほどのレベルである。

真冬の時期に、檜原村やあきる野、奥多摩など西多摩の奥地で雪が降ることは日常茶飯事であるが、大雪が積もると一体どんな景色になるのだろうか?

今回は青梅市を早朝5時に出発。奥多摩町、そして丹波山村の方にかけての積雪や道路状況を追ってみた。

青梅から奥多摩に入った瞬間に雪へ変わる

奥多摩駅の雪

国道411号沿いを車で走りながら青梅から奥多摩方面へ。青梅では雨だったが、青梅市と奥多摩町のちょうど境界である川井駅手前辺りからみぞれに変わり、山々は一瞬にして雪景色に覆われていた。

奥多摩の雪

山々は雪に覆われているが、「新氷川トンネル」付近までの道路には雪が積もっておらず。

奥多摩の雪

奥多摩駅の雪

JR奥多摩駅前。人や車が通らない箇所は、うっすらと積雪を確認。駅舎の屋根には、雪がほんのりと積もっているのを確認できた。

奥多摩湖周辺から雪で道路が積もり始める

さらに411号沿いを走り、奥多摩湖に向かう。弁天橋付近から山の雪化粧が厚くなってきた。それでも5センチほどの積雪量だ。

小河内ダムの雪

小河内ダムの雪

奥多摩湖手前の「桃ヶ沢トンネル」を抜け、奥多摩湖に向かう。ダムの手すりはすでに10センチほど積もっている状態だ。

奥多摩駅の雪

もはや、スタッドレスタイヤなしでは走行できない積雪量に。若い人たちが数人乗車する車がスタックしてしまい、懸命に車を動かそうとしているのを見かけた(すぐに付近の交番に伝達)。

奥多摩湖周辺の山々は真っ白に変貌し、幻想的な世界に包まれていた。

雪の鹿の足跡

奥多摩湖から少し登った場所で、動物の足跡を発見した。クマかも・・。

奥多摩湖は幻想的な世界に

奥多摩の雪

奥多摩の雪

奥多摩湖周辺の山々は雪化粧で覆われ、幻想的な世界に。

 

「麦山浮き橋」は雪がしんしんと降り続き、寒さと静寂に包まれていた。

↓動画がこちら

奥多摩周遊道路は通行止めに

真っ赤な色が特徴的な「峰谷橋」を渡っていく。

「深谷橋」を抜けると、奥多摩周遊道路につながる「三頭橋(みとうばし)」へたどり着く。周遊道路は20センチの積雪となり通行止めに。

丹波山の雪

奥多摩周遊道路の除雪作業を行っている方たちが、早朝から除雪車を仕切りに動かしていた。

丹波山村の道路では早朝から除雪作業

奥多摩の雪

奥多摩の雪

丹波山村に入ると、さらに道は雪で覆われ、山々の雪がまるでジオラマのようになっていた。

丹波山の雪

丹波山村の観光施設でローラー滑り台の起点となる施設「丹波山城」も真っ白である。

丹波山の雪

丹波山の雪

道を進んでいくと、何台もの除雪車とすれ違う。周遊道路以外の奥多摩の国道はまだ除雪車が入っていなかったため、こんなにも積雪が違うことに驚きを隠せなかった。

道の駅たばやま

道の駅たばやま

「道の駅たばやま」では、鬼滅の刃の旗が。車が数台駐車場に停まっていたが、ほとんど人は歩いておらず。そんなこと関係なしとばかりに、雪がしんしんと降り積もっていく。

丹波山の雪

丹波山の雪

丹波山の雪

奥多摩町とは明らかに積雪量が違う。丹波山村は道路まで真っ白に降り積もっていた。

丹波山の雪

丹波山の雪

丹波山村公認のマスコットキャラクター「タバスキー」がとても寒そうである。

丹波山の雪

丹波山の雪

さらに進み「大菩薩ライン」へ。甲州市に入る手前まで行ってみたが、スタッドレスタイヤを装着した四駆車でも通行が危険なほど雪が積もっている状態に。道路脇に車を止めて、チェーンを装着している車も見かけた。

丹波山の雪

除雪車がまだ入っておらず、これ以上向かうのは危険と判断し、奥多摩町方面に引き返すことにした。(所用で山梨県に仕事に向かう予定だったが断念)

凍結スリップ注意

帰り道に「凍結スリップ注意」の看板と出会う。これは翌日の早朝、本気で注意したほうが良さそうだ。

丹波山の雪

スベリ止め融雪剤

丹波山村では、100メートルほど置きぐらいに「スベリ止め用砂」が用意されていた。これはありがたい。

丹波山の雪

丹波山の雪

丹波山の雪

突然雪がフロントガラスをドカッと襲い、前が何も見えなくなる危険性も。「雪道を決してなめてはいけない」と肝に銘じた。

近くの地域でもこんなに積雪量が違う

丹波山の雪

青梅付近では雨という情報が入っており、奥多摩駅周辺でも積もっていなかったことで、たいした雪ではないだろうと高をくくっていたが、案の定、奥多摩湖を過ぎた辺りから積雪量がかなり違うことがわかった。

実際に奥多摩湖周辺でスタックしていた車がいた通り、スコップやタイヤチェーン、牽引ロープや脱出プレートなどは必ず常備しておきたい。立ち往生してからでは遅いのだ。

真っ白な雪景色に癒やされつつ、早朝から除雪作業を行っていた方々に敬意を表したい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで記事更新情報や日常をつぶやいています

おすすめの記事